05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 ] . . TOP ▲
EQ
このところは機材関連の話が多くなってしまっていますが、ここにきて非常な面白さを感じているのですよ。

音と申しますのは無限の振動が成せる技です、人間はこれに対して周波数という分け方を便宜上つけた。

グラフィックイコライザーというものがありますな。何Hzを上げたり下げたりという機械ですが、これはグラフィックと謂われるように各ツマミに数値が提示してあり、事の経緯がわかりやすい。

表示のない丸くあるツマミにも、それぞれ設定してあるはずなんだがな。周囲の周波数をどの程度巻き込みながら変化するのかを含めて、自分の持ち物について把握したいが、目下のところ調査中。

ここからが合奏の難しいところです、或る周波数を強調して聴こえいい音色を作れたと思っていても、他の人が同じところを出していれば打ち消しあってしまう事が多々ございます。
逆もまた然り、不要と感じた周波数を減衰させてすっきりと思っていても、誰も出していなければ何か迫力のないような演奏に感じてしまったりもございましょう。

こうして文字で記してみますと、心得のある方には当たり前のことなのでしょうけれども、駆け出しの我々にとっては未だレボリユーション・・
これらを整理整頓して美しく共存させたとき、良いバンドサウンドが生まれるのだろう。。
これは面白いですよ、目には見えないものを捕まえる作業です、ゴーストバスターズ・・(違。

それで気になるのは、一方では数字なぞ気にせず自由奔放に、素晴らしい音を出している人というのもありますな・・あれは何だ(-公-)
理論だけでは成り立たず、聴感上での判断というのも同時に身に付けていかねばならないのでしょうな、こうなると最早エボリューション・・也々。
スポンサーサイト
未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://azami0812.blog121.fc2.com/tb.php/4-71352be5
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。