10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 ] . . TOP ▲
ダフ
Club ALIVE様に備え付けのベースアンプは、私は初めて使う物であった。
リハーサルで多少まごまごしてしまいましたが、わりと感触は良かったな。
ツマミを全部真ん中にしてみて、始めから元気な良い音が出ていたし。

初めて使うと申しましたところ、後にこれについて音響さんから個別にご指導まで賜りまして。
なんて親切(つωT)有難うございました。

自宅に帰って、どういう品物だったのやら再確認すべく情報収集をしてみつつ。。
私の好きな、ダフ・マッケイガンも使っているとかといった話も見つけ、少しまたその気になる。
もっと詰めは必要だろうが、あれもいいかもしれないな(ミーハーw

沢山の音楽機器が世に溢れ、どれもこれもが魅力的ではある。

時には迷ったり失敗したりもありはしますが、それもまた振り返ってみれば概ねは楽しかった。

新しいミサルカの音を作るのに適した出会いは、一体何処に隠れているのかな。。(-公- )!


<個人名敬称略m(__)m>
スポンサーサイト
未分類 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/06 12:23  | | # [edit]



左様です。あの音作りは現代のエレキベースにおけるロック的なアプローチにおいて、ひとつの指標ともなったと謂われています。
2010/02/14 11:30  | URL | azami #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://azami0812.blog121.fc2.com/tb.php/230-c7d10044
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。